りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館
東京芸術劇場北九州芸術劇場
いわき芸術文化交流館 アリオス
静岡県舞台芸術センター
上田市交流文化芸術センター サントミューゼまつもと市民芸術館
神奈川芸術劇場(KAAT)神奈川県民ホール
新国立劇場
彩の国さいたま芸術劇場
久留米シティプラザ滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール
兵庫県立芸術文化センター
世田谷パブリックシアター富山市芸術文化ホール(オーバードホール)
芸文センター(愛知芸術劇場)宮崎県立芸術劇場(メディキット県民文化センター)
水戸芸術館
島根県民会館
ロームシアター京都
熊本県立劇場
穂の国とよはし芸術劇場PLAT
札幌文化芸術劇場

会則

公共劇場舞台技術者連絡会の会則です。

(名称)

第一条 この会は、公共劇場舞台技術者連絡会と称する。

(組織)

第二条 この会は、舞台技術部門職員を有する全国の公立文化施設の劇場及びホールまたは施設を運営する法人で組織する。

(目的)

第三条 この会は、公立の劇場やホールがその機能を十分に発揮するため、舞台技術に関する技術と知識の研鑽及び調査研究を行い、舞台芸術の製作能力の向上と公演の円滑な実施を図ることで、我が国の文化芸術の発展に寄与することを目的とする。

(活動内容)

第四条 この会は、前条の目的を達成するために次の活動を行う。
(1)舞台芸術の製作と公演に関する諸問題の研究と提言
(2)公共劇場に従事する舞台技術部門職員の交流及び情報交換の促進
(3)舞台技術に関する資料収集及び舞台技術百科の作成
(4)技術研修会の開催
(5)劇場等演出空間運用基準協議会への参加

2 上記活動のために必要に応じて専門分科会を設ける。

(事務局)

第五条 この会に事務局を置く。事務局は3名程度とする。その事務局員は会長が指名し、且つ事務局長を任命する。

2 事務局は会長の総括のもとに事務を処理する。

(役員)

第六条 この会には、次の役員を置く。
(1)会長  1名
(2)副会長 2名
(3)幹事  若干名
(4)監事  1名
(5)顧問  若干名

2 役員は、総会で選出する。

(役員の任期)

第七条 役員の任期は1年とし、総会にて年度役員を決定する。ただし再任を妨げない。

(代表委員及び会費等)

第八条 各劇場及びホールまたは法人は、その連絡窓口になる代表委員を設ける。

2 この会の趣旨に賛同する施設等は、総会の承認により入会の決定をする。
会員となる施設は、入会金10,000円を納めなければならない。

3 この会の会員は、総会により定められた会費(年額10,000円)を納めなければならない。

4 施設を退職するなどして代表委員を退いた者で、この会の運営に理解と協力をいただける個人について総会の承認により会友会員とする。会費は免除する。

(会議)

第九条 連絡会の会議は、総会、幹事会および定例連絡会とする。

2 総会は、年一回、会長が招集し、連絡会の事業計画及び入退会等の重要事項の決定の場とする。

3 幹事会は、会長が必要に応じて召集、開催し、議長は会長が行う。議事録は、会長がまとめ、必要に応じて会員館に公開される。

4 第4 条各項を促進するために「定例連絡会」(通称「定例会」)を年に2 回、事務局が招集し、議長は会長が行う。

(その他)

第十条 この会則は、代表委員の過半数(委任も含む)の同意がなければ変更できない。

附則

この会則は、平成19年5月23日から施行する。
この会則は、平成20年5月28日から施行する。
この会則は、平成25年5月20日から施行する。
この会則は、平成28年5月31日から施行する。
この会則は、平成29年6月15日から施行する。

入会申込書(docファイル:30KB)



entry_permalink!-- begin_navigation --/a /技術情報/li