りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館
東京芸術劇場北九州芸術劇場
いわき芸術文化交流館 アリオス
静岡県舞台芸術センター
上田市交流文化芸術センター サントミューゼまつもと市民芸術館
神奈川芸術劇場(KAAT)神奈川県民ホール
新国立劇場
彩の国さいたま芸術劇場
久留米シティプラザ滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール
兵庫県立芸術文化センター
世田谷パブリックシアター富山市芸術文化ホール(オーバードホール)
芸文センター(愛知芸術劇場)宮崎県立芸術劇場(メディキット県民文化センター)
水戸芸術館
島根県民会館
ロームシアター京都
熊本県立劇場
穂の国とよはし芸術劇場PLAT
札幌文化芸術劇場

『ケーブル引っ掛け金具』

いわき芸術文化交流館ALIOS 芳賀敦子

アリオスの大ホール・中劇場のブリッジのバトンにはケーブルを這わせるための金具が付いてます。

フック1

仕込みによっては、延長ケーブルまたは信号線を長々配線する場合があります。

ブリッジのキャットウォーク上に這わせる方法もありますが、その上に乗ってフォーカスすることを考えると、安全面やケーブルの保護が気になります。

というか、普通にバトンにビニテ止めすればいいんです。

いいんですけど、そうなんですけど、これがあったらビニテいらず!

ということで便利グッズかなと思います。

アリオスでは、ブリッジバトンがセパレートタイプなので、1スパン(2700~3000mm)に2個ずつ取り付けています。

フック2

この金具は既製品ではなく、とある劇場さんにあったものを参考にオリジナルで作りました。

仕組みも取り付けも単純で、バトンにはめて蝶ネジで止めているだけです。

取り付け部分はバトンの径より若干大きめに作られているので、取り付けたあともスライドさせて任意の場所へバトン上を移動することができます。

正直、邪魔なときもありますが、そんなときはバトンの端に向かって「すい~」っと押しやります。

たまに乗り込みさんに、「コレいいね!」と言われると嬉しいです。

フック3